février 2012アーカイブ

去年と同じように今年も日本のサロン・ドゥ・ショコラへ行って参りました!
去年は東京だけでしたが、今年は東京、名古屋、京都と大阪へ行って参りました。とても楽しかったです!
去年と同じようにW.Bolero(ドゥブルベ・ボレロ)のブースで販売の仕事をして、連日大盛況でした!

今年もやはり大変美味しいチョコレートや焼き菓子を頂きました。頂いた中で特に気に入った商品について書きたいと思います:


  • パリセヴェイユ:フランスのとても有名なフランスのシェフ達の下で修業した金子シェフの東京にあるお店です。まず「エクレール」を頂いたのですが、カカオの味がかなり利いてシュー生地もさっぱりとして、美味しかったです!でも一番驚いたのは「ヌガチーヌノワドココ」でした。パイナップル入りのキャラメルの上に木苺とココナッツ、その下にミルクチョコが引いてあって、口に入れた途端にさくっとしたほんのり酸っぱいキャラメルと甘いミルクチョコ、そして終わりにココナッツと木いちごの味が広がって、本当に驚くぐらい美味しい食感と味でした(写真を撮らなかったのですがこちらでご覧になれます:http://favoritesu.exblog.jp/17051240/)。金子シェフ、早くパリでお店を出して下さい!
    IMG_1626.jpg


  • イグレックプリュス:山口ヒロシシェフのコンセプトのお店ですが現在お店で作っているのは多田シェフです。こちらではまず「ミュスカディーヌ」というコワントロー酒が利いたジャンデゥジャに入ったかりっとしたチョコレートを頂きました。美味しかったです。「ガナッシュ」も頂きました。このガナッシュにも結構びっくりしました。9個入りで3個ずつ3種類の味がありました:トマトとスモークソルト、レグリスとグリーンアニス、サラワクペッパーとカルダモン。トマトとチョコのマリアージュは面白かったのです。普段レグリス(リコリス)はあまり好きではないですがチョコと合わせると美味しいですよ。でもサラワクペッパーとカルダモンのは大変印象に残りました。食べたらインドの料理の味、この一粒の中にまるでスパイスの世界が閉じ込められていました!
    IMG_1611.jpg IMG_1613.jpg


  • Wボレロ:私は渡辺シェフのところで仕事をしていましたので、客観的に見ていないと思われるかもしれませんが、「ミエル」というハチミツシリーズはすごく美味しかったです。一粒ずつ五つの違うカカオに五つの違うハチミツを使用して作ったシリーズですから、チョコとハチミツの組み合わせですが、一つ一つ違うキャラクター、違う甘さ、違う味があってとても面白いと思いました。もう一つは前からボレロで作っている「プランシェット」ですが、あれは相変わらず大変美味しいです。チョコレートクッキーなのですが、クッキーよりチョコレートが多くてクッキー味のチョコレートを食べているような感覚です。しかもプラリュのインドネシア産の深い味のカカオを使用しているので、シンプルですがパンチがあって私は「プランシェット」のファンです!


  • 他に色々美味しいものも頂きました:水野シェフ(patisserie Mountain)のマカロン、オクシタニアルのブジー、エス小山のDNA京都、チャリティーボックスなど。でもやはり上の三つのパティシェの商品の方が印象に残りました。
    IMG_1617.jpg
    IMG_1649.jpg

今年もクオリティーの高い日本人パティシエのチョコレートと出会う事ができて本当に良かったです!
皆さんも行かれましたか?どのチョコレートが一番美味しかったですか?
是非教えて下さい!

PS:Les Abeillesのシャクマンデスさんもいましたよ! IMG_1620.jpg


Comme l'an dernier, je me suis rendu cette année au Salon du Chocolat au Japon.
L'an dernier je n'étais qu'à Tokyo, mais cette année j'étais également à Kyoto, Nagoya et Osaka. C'était encore une fois une superbe expérience !
Comme l'an dernier j'ai travaillé sur le stand de W. Boléro, et les clients étaient très nombreux !
Encore une fois je me suis délecté de nombreux chocolats et autres délicatesses, et je voulais partager avec vous ceux qui m'ont le plus marqué :

  • Paris s'éveille : le chef Kaneko de cette boutique de Tokyo s'est formé chez les plus grands pâtissiers français. J'ai d'abord mangé un de ses éclairs : le goût de cacao de la crème était très prononcé et délicieux, et la pâte à choux juste comme il faut, ni trop sèche ni trop humide. Bref ce fut un éclair excellent. Mais ce qui m'a le plus marqué chez lui c'est sa nougatine noix de coco. Imaginez une couche de caramel avec de l'ananas, recouverte de morceaux de fraise des bois et de noix de coco séchés, et sous laquelle se trouve une couche de chocolat au lait. Quand vous mettez ça dans votre bouche, le caramel croquant et acide se mélange au chocolat sucré, puis viennent les touches de fraises des bois et de noix de coco qui sur la fin prennent le dessus. C'est surprenant, délicieux, et on ne pense qu'à une chose une fois en bouche, retenter l'expérience avec une nouvelle bouchée. M. Kaneko, je n'attends qu'une chose : que vous ouvriez un magasin sur Paris !
  • Y+ igrekplus : ce magasin dont le concept vient du chef Yamaguchi Hiroshi, est dirigé par le chef Tada. J'ai d'abord dégusté les muscadines chez lui, de délicieux petits chocolats légèrement croquants, remplis d'un gianduja fondant au cointreau, délicieuses. Cependant j'ai également goûté ses ganaches, et elles m'ont réellement étonnées. La boîte contenait 9 ganaches, séparées en 3 types : tomate et sel fumé, réglisse et anis vert, et enfin poivre sarawaku et cardamone. Le mélange tomate et chocolat était très intéressant. Je ne suis pas fan de réglisse mais quand on le mélange avec du chocolat ça prend un autre aspect et c'est délicieux. Mais le 3è fut une révélation pour moi, ce chocolat m'a de suite rappelé l'Inde et sa cuisine, et il m'a le temps d'un instant transporté dans un monde d'épices fascinant, exceptionnel !
  • W. Bolero : vu que je travaillais pour le chef Watanabe, mon avis n'est pas très objectif, cependant je dois avouer que le set "miel" fut un délice. 5 crus de cacaos, et 5 miels différents sont utilisés pour faire ce set, donc chacun de ses 5 chocolats représente une variation différente d'un chocolat au miel, avec chacun un caractère, une douceur et un goût caractéristique, étonnant. Mais je dois avouer que mon préféré chez W. Bolero, même si c'est un classique, et même s'il n'a pas la délicatesse de ce que j'ai présenté ci-dessus reste la planchette. Un simple biscuit au chocolat, mais avec plus de chocolat que de biscuit, et le chocolat utilisé est le délicieux cru d'Indonésie de chez Pralus, donc un cacao qui a une profondeur et un caractère unique. Je suis un fan de cette planchette !
  • J'ai dégusté d'autres très bons produits, comme les macarons du chef Mizuno (pâtisserie Mountain), la bougie d'Occitanial, le DNA Kyoto de Es Koyama, ainsi que le charity box et sa sélection. Mais ce qui m'a le plus marqué demeure ce que j'ai présenté ci-dessus.


Ce salon du chocolat fut de nouveau un très bon cru !
Et vous, y êtes-vous allé ? Qu'est-ce qui vous a le plus plu ?

PS : M. Schakmundès de Les Abeilles était lui aussi là !

今年も日本の『Salon du chocolat』に行ってまいりました!
たくさんの方との素敵な出逢いがあり、去年にも増して大変有意義な日本滞在ができました。お世話になりました皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、サロンのことに関してはまた後日書きたいと思っておりますが、今日はこのタイトルにあることを書きたいと思います。

私がこの仕事をしていて特に気を付けているのは誠実であることです。お客様とは、いつもお仕事をご依頼いただいてから何度もメールなどでやり取りをさせていただきますが、ガイドをさせていただく当日まではお会いすることはできません。ですからいつも、お客様に不安を与えないよう、誠心誠意で取り組むことを心がけています。そして有り難いことに今まで、本当に素晴らしい方々との出逢いをさせていただきました。

ですが、実はつい先日、ちょっと残念なことがあったのです。

実は、1月の末にお一人のお客さまから、2月10日にパリを半日ご案内する様、ご依頼を受けました。その方は大学生だとおっしゃられていました。ちょうど私は日本へ発つ前でしたので、その方と詳しいスケジュールなどについて、数回にわたり日本でメールやお電話で打ち合わせさせていただきました。そして2月7日の晩にパリに戻り、再度ご案内する場所の順路に無理が無いかを確認し、前日には実際に下見としてコースを回り最終確認をして準備万端で当日を迎えました。

・・・ところが・・・
お客様にお会いするのは昼食後だったのですが、朝の9時頃メールチェックをした所、次のようなメールを発見したのです。
(以下全文そのままです)
『今になって大変申し訳ないのですが、急遽美術館巡りをすることにしました。なので、今回の依頼はすみませんが、キャンセルでお願いします(>_<)
直前のキャンセル、本当に申し訳ございません。』

私はただ呆然として、一瞬、何のことかわかりませんでした。
その後慌てて何度もそのお客様の方にお電話を差し上げましたが、お出にならない、またはお出になってすぐに電話を切る、という対応を受けました。結局、お電話ではお話しできず、メールも書きましたがお返事をいただけないで今日に至っています。

まずこの件に関して、誰が悪いのかと言えば、きっと私に落ち度があったのだとは思います。色んな意味で私は甘かったと思います。
ただ、私は本当にショックだったのです。ツアー開始まで24時間を切っていて、しかも電話ではなくメールで一方的にキャンセルされてしまったこと(もしも私がそのメールに気がつかなかったらどうされるつもりだったのでしょう?)、その後何度連絡してもお返事が頂けないこと、またメールの内容にあまり誠実さを感じられなかったこと・・・

ですので、この度は「キャンセルポリシー」なるものを設定し、サイトの方に記させていただきましたのでどうかご理解ください。
「パリ歩き」は私が個人で運営している会社で、どのお客様の対応も私が承っております。ですからこそ、皆様お一人お一人との出逢いを何よりも大切に考えております。
ですが、至らないこともあるかと思います。どうか皆様、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

Calendrier

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

Horloges

TOKYO


PARIS

Bienvenue





free counters

Photos récentes