キャンセルポリシー

ブログ Blog

今年も日本の『Salon du chocolat』に行ってまいりました!
たくさんの方との素敵な出逢いがあり、去年にも増して大変有意義な日本滞在ができました。お世話になりました皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、サロンのことに関してはまた後日書きたいと思っておりますが、今日はこのタイトルにあることを書きたいと思います。

私がこの仕事をしていて特に気を付けているのは誠実であることです。お客様とは、いつもお仕事をご依頼いただいてから何度もメールなどでやり取りをさせていただきますが、ガイドをさせていただく当日まではお会いすることはできません。ですからいつも、お客様に不安を与えないよう、誠心誠意で取り組むことを心がけています。そして有り難いことに今まで、本当に素晴らしい方々との出逢いをさせていただきました。

ですが、実はつい先日、ちょっと残念なことがあったのです。

実は、1月の末にお一人のお客さまから、2月10日にパリを半日ご案内する様、ご依頼を受けました。その方は大学生だとおっしゃられていました。ちょうど私は日本へ発つ前でしたので、その方と詳しいスケジュールなどについて、数回にわたり日本でメールやお電話で打ち合わせさせていただきました。そして2月7日の晩にパリに戻り、再度ご案内する場所の順路に無理が無いかを確認し、前日には実際に下見としてコースを回り最終確認をして準備万端で当日を迎えました。

・・・ところが・・・
お客様にお会いするのは昼食後だったのですが、朝の9時頃メールチェックをした所、次のようなメールを発見したのです。
(以下全文そのままです)
『今になって大変申し訳ないのですが、急遽美術館巡りをすることにしました。なので、今回の依頼はすみませんが、キャンセルでお願いします(>_<)
直前のキャンセル、本当に申し訳ございません。』

私はただ呆然として、一瞬、何のことかわかりませんでした。
その後慌てて何度もそのお客様の方にお電話を差し上げましたが、お出にならない、またはお出になってすぐに電話を切る、という対応を受けました。結局、お電話ではお話しできず、メールも書きましたがお返事をいただけないで今日に至っています。

まずこの件に関して、誰が悪いのかと言えば、きっと私に落ち度があったのだとは思います。色んな意味で私は甘かったと思います。
ただ、私は本当にショックだったのです。ツアー開始まで24時間を切っていて、しかも電話ではなくメールで一方的にキャンセルされてしまったこと(もしも私がそのメールに気がつかなかったらどうされるつもりだったのでしょう?)、その後何度連絡してもお返事が頂けないこと、またメールの内容にあまり誠実さを感じられなかったこと・・・

ですので、この度は「キャンセルポリシー」なるものを設定し、サイトの方に記させていただきましたのでどうかご理解ください。
「パリ歩き」は私が個人で運営している会社で、どのお客様の対応も私が承っております。ですからこそ、皆様お一人お一人との出逢いを何よりも大切に考えております。
ですが、至らないこともあるかと思います。どうか皆様、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

Calendrier

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Horloges

TOKYO


PARIS

Bienvenue





free counters

Photos récentes