文化 Culture

自分でも驚く程ブログを更新していませんでした・・・
ですが、先日薔薇の村ジェルブロワのツアーをご用意させていただいたお客さまの旅行記がガーデニングの雑誌に掲載されたそうで、何とその旅行記にパリ歩きのこともご紹介していただきました。
そこで、私も大変遅ればせながら、今年の4月に書いたもののアップしていなかったブログ記事をやっぱりアップすることにしました。
以下、その記事です。そのまま手を加えていませんので4月の気分で読んでいただければ幸いです・・・

/////////////////////////////////////

4月に入ったのにもかかわらず、パリは寒いです!
毎日寒いし、忙しいし・・・と、何だか煮詰まってきたので、思い切って日常を離れて美しい景色を見てみようと、ピカルディ地方とノルマンディー地方の境目に位置している「フランスの最も美しい村Les plus beaux villages de France」にも数えられているGerberoy(ジェルブロワ)へ行って来ました。

午後パリを出発して、ジェルブロワの隣町、ソンジェオン(Songeons)の民宿(Chambres d'hôtes)に夕方到着。よく手入れされた庭に、歴史を感じる建物の外観、それだけでも満足でしたが、中に入るとモダンにリフォームされており期待以上の宿で大満足。

ジェルブロワと言えば「バラ」。・・・ですがまだ季節ではないので残念ながらバラに彩られた村を見る事はできませんでした。でも、そこは中世の面影をそのまま残した可愛らしい村で、足を踏み入れたとたん、まるで自分が絵本の世界に居るような気分になりました!
2012-04-16 11.50.26.jpg
この町並みは、中世好きの私にはたまりません!
ジェルブロワ町並み.jpg
これらの家々の壁がバラに囲まれているのを想像しただけで心が和みます。

小腹が空いたので「Les Jardins du Vidame(レ・ジャルダン・デュ・ヴィダメ)」という民宿も営んでいるレストランでランチを摂りました。昔の馬小屋だった店内はあまり広くなく可愛らしくて、自然と他の客さんや店主夫妻と色々話が弾んで楽しいひと時を過ごしました。やはりこういう出逢いが旅の醍醐味です。
店内にはこの地方の食材も売られていて、私はシードルとシナモン風味の林檎ジャムを買ってしまいました。
ジェルブロワカフェ.jpg
人ごみを逃れたくて出た小旅行でしたから、ハイシーズンではなかったので村は本当に静かで、ゆっくり散歩を楽しむ事ができて本当に良かったです。

クラシック音楽が好きな方は、村で6月1〜3日に村で開催される音楽祭に合わせて訪れるのも良いかもしれませんよ!

パリの59 rue de Rivoliに入ったことがありますか?
実は1999年から59 rue de Rivoliには「Squat」があります。

「Squat」は英語の言葉ですが、フランス語でも使っています。Squatの意味は不法に占拠されている場所。
大きく分けるとフランスでは二つののタイプのSquatがあります。一つはアーティストたちがアトリエとして使っているSquatです。そしてもう一つは社会的に疎外された人たちが住むSquatです。今回は前者のことを書きたいと思います。

59 Rue de Rivoliの建物は銀行と政府所有の建物でしたが、長い間使われていませんでした。そして1999年に3人のアーティストがそこで活動し始めました。2000年にはアーティストのたちは10数人に増えましたが警察に強制立ち退きを命じられたりと、緊張した状態が続きましたが、弁護士に助けられて滞在の延長許可がありました。
その経緯でマスコミに注目され、立地的にも歩行者の多いRue deRivoliに面していると言うこともあり、来客が増えて、芸術的に欠かせないスポットになりました。
2001年左派のDelanoë氏が市長になったとき、市の文化担当責任者がアーティストを保護することを約束し、2002年にパリ市が建物を政府から買うことを決めます!
2009年に大幅に工事された後、法律上合法になったSquatが今の『AfterSquat』になったのです!

すごく面白いところです、この間行って写真をいっぱい撮りました。
ドアの前にこんな絵があります。

「アーティストのアトリエ」ご自由にどうぞ 13時~20時
「アーティストのアトリエ」ご自由にどうぞ

歩行者は強制的にここを通ってください!
歩行者は強制的にここを通ってください!


中のドアです。
中のドアです

階段の壁に1階から6階まで長~い竜が書いてあります。

わかりにくいですが竜の頭
わかりにくいですが竜の頭

風神
風神

日本人のアーティストも何人いるので壁にこんなことも書いてあります。
日本人のアーティスト #1
日本人のアーティスト #2

階段です!
階段です!

各階に数人のアーティストのアトリエがあります。誰でも自由に入れる、そしてアーティストの作品が並べてあるのでギャラリーみたいです。
アーティストのアトリエ #1

アーティストのアトリエ #2

アーティストのアトリエ #3

アーティストのアトリエ #4


このAftersquatはとてもいい所だと思います。やはりパリは芸術を受け入れている市だと思います。
SquatがAftersquatになるまで大変だったと思いますが、結局アーティストと芸術が勝ちました。

Aftersquat 59Rivoli
59 rue de Rivoli
75001 Paris
Métro Chatelêt
http://www.59rivoli.org

Vous êtes déjà entré au 59 rue de Rivoli ?
Ce lieu héberge depuis 1999 un squat.

Vous savez ce qu'est un squat j'imagine, il s'agit d'une habitation exploitée et utilisée illégalement. En France on a surtout 2 types de squat, les squats artistiques, occupés donc par des artistes utilisant le lieu comme atelier et espace de création. Puis les squats plus politiques, occupés par des sans papiers, des sans domicile fixe, des gens de la mouvance libertaire, etc. Le squat Rue de Rivoli est un squat artistique.

Initialement, le bâtiment appartenait à une banque et à l'État. Longtemps desaffecté, en 1999 3 artistes investissent les lieux. Un an plus tard ils sont une dizaine à faire vivre ce lieu, appelé dorénavant "Chez Robert : électrons libres", mais la police menace de les expulser. Soutenus par un avocat ils réussissent à rester dans les lieux. Les médias en parlent de plus en plus, et étant donné la situation centrale de la Rue de Rivoli, les visiteurs très nombreux en font un des lieux de l'art contemporain parisien.
En 2001 l'adjoint à la culture du maire de gauche fraîchement élu Delanoë s'engage à tout faire pour que les artistes ne soient pas exclus. Et en 2002 la mairie de Paris rachète l'immeuble à l'État Français !
Puis en 2009 après de gros travaux, le squat devenu légal s'appelle l'Aftersquat et continue à héberger des artistes.

C'est un lieu très intéressant, voici quelques photos prises là-bas il y a quelque semaines.
Les 2 tableaux accueillants que l'on peut voir devant l'immeuble.
La porte de l'intérieur toute en couleur.
Sur les murs de la cage d'escalier il y a un très long dragon peint, dont j'ai pris tête en photo, puis plus loin le dieu du vent japonais Fujin.
Quelques artistes Japonais sont en résidence dans ce lieu, et voici ce que l'on peut voir sur les murs du squat.
Une photo de la cage d'escalier elle aussi toute en couleur.
À chaque étage il y a un certain nombre d'ateliers d'artistes avec leurs oeuvres, on peut y rentrer librement, cela s'apparente donc plus à des galerie.

J'aime beaucoup ce lieu et me dit que Paris est tout de même une ville qui accepte l'art. Je suis persuadé que la lutte pour faire de ce squat un aftersquat a été dure et longue, mais au final c'est l'art et les artistes qui ont gagné !

先週パリの「Espace Japon」で面白い展覧会へ行きました。
日本のアーティストを15人集めて各自の作品の展覧販売をやっています。出品している物はすごくかわいいクリスマスプレゼントになりますよ!

下に写真を添付します。サイトはこちらです
cadeaux1.jpg
cadeaux3.jpg
cadeaux2.jpg
cadeaux4.jpg

パリ在住の人にぜひおすすめします!
お友達のChibiruさんがこの展覧会を全部オーガナイズしたんですが、僕は彼女の作品が大好きです!彼女は日本でずっと活動してましたが今はパリ在住のアーティストです。人形、トイカメラの写真、イラストなど何でもこなすマルチアーティストです!彼女のサイトを是非見てください

この間友達のギャラリーのイベントに行ってきました。このギャラリーは「Galerie Miniature(ミニチュアサイズのギャラリー)」と言います。これは写真のギャラリーですが、通常のギャラリーのように常設会場があるのではなくて、不定期に場所を借りてエクスポジションを行うギャラリーです。
ミニチュアサイズのギャラリーですから彼らのプロジェクトや展覧会は決して大きくないですね。でも「Galerie Miniature」の人たちは皆ボランティアですから、そこにはお金には代えられない情熱があって、小さくても意味のある物を追求しているのが伝わってきます。
galerie1.jpg

そして一番最近のプロジェクトは「See you Soon」と言って、全く交わりのない離れた場所で活動している二人の写真家が、毎日写真を1枚づつ、まるで文通するように交換するというものです。つまり、文字を介さない文通(写真通?!)です。
galerie2.jpg
© Drew Kelly

最初はコンゴのブラザビルの写真家「Baudouin Mouanda」とカンボジアのプノンペンの写真家「Philong Sovan」のやりとりです。
次はスペインのマドリッドの写真家「Juan de Marcos」とメキシコのモンテレーの写真家「Alejandro Cartagena」。
最後はドバイの写真家「Binu Bhaskar」とサンフランシスコの写真家「Drew Kelly」。

galerie3.jpg

こんな風に全くの別世界に住んでいるアーティストの写真を通した対話はおもしろいと思いました。しかも文字は使わず、写真だけで対話を続けていくのですから。
だから見る人は、写真家が相手の写真を見て何を考えて自分の写真を撮ったのか、何が言いたくて撮ったのか、一枚一枚の写真を見ながら色々な想像ができます。

galerie4.jpg
galerie5.jpg

わざわざその為に出かけるというよりも、もしも近くを通ることがあれば、ふと思い出して立ち寄ってください!
きっといい時間が過ごせると思いますよ。

このエクスポジションは11月中にパリの色んな場所で開催している「Mois de la Photo OFF」に参加しています。
11月の20日まで
月~金は11時から18時まで
土は14時から19時
Galerie Jeune Création
6 villa Guelma
Paris 18ème
M°Pigalle
http://galerieminiature.wordpress.com/


Je suis allé il y a quelques jours au vernissage d'un projet de la Galerie Miniature, qui est une galerie de photos itinérante. Comme son nom l'indique les projets et les expositions de cette galerie ne sont pas forcément de grande taille, mais on sent chez eux une passion et une volonté de faire des projets qui ont du sens et sont de qualité.
Leur dernier projet en date est "See you Soon" : "un jour sur deux, pendant un temps défini, deux photographes s'échangent, sans se connaître, une photographie réalisée dans la journée. Une correspondance où se croisent les menus faits de l'existence, les incertitudes et les élans propres à chacun."
Il y a 3 "couples" de photographes :
- Brazzaville/Phnom Penh : Baudouin Mouanda et Philong Sovan
- Madrid/Monterrey : Juan de Marcos et Alejandro Cartagena
- Dubaï/San Francisco : Binu Bhaskar et Drew Kelly.
Je trouve très intéressant ce concept de correspondance entre 2 photographes vivant chacun dans une partie du monde, surtout qu'aucun mot n'est échangé, c'est la photographie qui va faire passer le message.
Et devant chaque échange de photos, on se demande ce à quoi le photographe pensait lorsqu'il a pris la photo, ce qu'il a voulu dire à son correspondant. Chaque visiteur voit ses propres relations entre chaque photo
Sans parler de la qualité des photos qui m'a pour ma part tout à fait satisfait.

Ce n'est peut-être pas la peine de traverser tout Paris juste pour voir cette exposition, mais si vous êtes dans le quartier faites-y un saut vous passerez un très bon moment.

Cette exposition fait partie du Mois de la Photo OFF
Jusqu'au 20 novembre, du mardi au vendredi de 11h à 18h, le samedi de 14h à 19h.
Galerie Jeune Création
6 villa Guelma
Paris 18ème
M°Pigalle
http://galerieminiature.wordpress.com/

Calendrier

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Horloges

TOKYO


PARIS

Bienvenue





free counters

Photos récentes